30代での転職に成功するために大切なこととは?

会社を辞めて転職することにしました!

転職を決意したのはいいものの、具体的に何から始めたらいいのかわからない。やっぱり資格を取ったりスキルアップしながら転職活動をしたほうがいい?など転職について悩みを抱える30代の方を中心に、転職成功にお役立ちの情報をたくさん集めました。気になる年収や面接のポイントなど知っておくと有利な情報もありますよ。

30代の転職に役立つサイトBEST5

リクルートエージェント

リクルートグループの中でも優秀な社員を配置する傾向にあり、在籍するキャリアコンサルトの質の良さにも定評あり。情報力と転職支援サービスの質の高さは転職業界人も誰もが認める。リクルートブランドを活用した営業力で他社を圧倒するほどの求人数を揃え、日本全国どの地域でも網羅している。企業側から求人を依頼してくるほど知名度が高い。

マイナビエージェント

日本最大級のマイナビ転職を運営しており、最近はCMなども増えてきたが転職サイトでは4番手5番手くらいだが急成長を遂げている。リクルートなどに比べると登録者数が少ないがそのため一人一人にかける時間を多く取れるため利用者満足度が高い。魅力的な求人も多く、企業側がマイナビにしか頼んでいない独占求人が非常に多くて有名。

リクナビネクスト

リクルートグループが運営する「国内NO.1」の転職サイト。東証一部の有名企業や誰もが名前を知っている企業等多くあり求人掲載数、認知数、使用者数ともにトップ。そのため求人倍率も高い。リクナビというブランドが、企業人事からの信頼を勝ち得ており転職希望者側からも圧倒的な知名度を得ており、「転職を少し考えたらまずリクナビネクストに登録する」と言われている。案件数や求人の質、スカウト機能など充実しておりリクナビネクストを利用することが転職の王道とされている。

DODA

転職業界でリクルートと共に圧倒的な2強を築いて国内NO.2。リクルートと共に日本の転職求人が最も集まるであり、転職希望者の登録者数が非常に多い。転職実績や売り上げも多く、転職ノウハウや転職サポートも充実。より良い求人情報を獲得しながら転職活動をしていくには登録必須な情報サイト。

JACリクルートメント

転職業界最大手唯一転職支援サービスに特化し長年売上上位に位置して転職サービスをしている。東証一部上場企業だから安心して転職活動ができる。外資系だが1988年より日本で転職サービスを行っている老舗企業で、人材紹介に限れば国内3位売上の実績。いろいろな不安や悩みもしっかり相談に乗ってくれて「現在の転職市場の現状」を考慮した上で客観的な意見を話してくれる。「どんな転職希望者も邪険に扱わない」とサービスの平等性で非常に評価されている。

30代の転職に役立つアドバイス20

目次

1.会社の将来性を見極めること

30代からの転職には、会社の将来性を見極めることが必要です。35辺りになってくると、だんだん転職先も減ってきます。いい歳になってから転職をするとなると、色々と大変です。給料や勤務時間など色々と気になる問題はあるかと思いますが、将来性を一番に考えた方が良いと思います。具体的には、その会社の昇給、ボーナスの有無、退職率などです。この項目を見ておけば、大体将来性は見えてくると思います。可能な限り情報を収集して、将来性を判断した方が良いですね。

2.高望みをしないということ

30代という年齢を考えてあまり高望みをしないということです。30代という年齢は女性も男性も一生の内でとても忙しく、そして働き盛りの年齢でもあります。 ですから、高望みをしている時間はもったいないと思います。ハードルをちょっとだけ下げて、なるべく早く働くことができるように考えた方が30代からの転職はいいような気がします。 高望みさえしなかったら意外と決まるものです。

3.資格とキャリア

平成19年10月1日から雇用対策法の改正により、人材募集・採用の際に年齢制限を設けることは出来ないことになっています。 とはいえ採用前にふるい落とされれば仕方ありません。そんな時に役に立つのはやはり資格とキャリアではないでしょうか。 特に経理や総務だと最低限で簿記二級、更に社会保険労務士や税理士試験の必須資格である簿記論や財務諸表論の資格を持っていれば、一目置かれるはずです。 そして採用が無事決まり、自分を助けてくれるのは重ねてきたキャリアではないてはないでしょうか。

4.同じ職種か有資格に関する仕事を選ぶ

一時期は転職も真剣に考えた時期があり、転職エージェントに相談を行ったことがあります。そこでアドバイザーから言われたことは、30歳からの全く新しい仕事を行っていくというのは厳しいと言われました。職につくのも難しいかもしれませんが、全く新しい仕事を行うので、それなり学習能力が必要だと言われました。ですので、30歳から転職は同じ職種につくか、自分の有資格に関する仕事を探すべきだとアドバイザーに言われました。

5.落ちた理由を考え過ぎない

転職をしたいと考えているなら、30代で書類や面接で落とされることをいちいち悔やまないことですね。落ちた理由をあれこれ考えても始まらないし、それっていろんな事情が背後にあるからです。人数が足りてしまったのかもしれないし、とにかく採用でマッチングがうまくいかなかっただけのこと。若いわけじゃないんだから、会社の事情っていうのを理解してあげるのが大事かなって思います。一つダメでも次に行くって思ってやっていれば、そのうちいい会社に出会えるものです。

6.姑息な手段は使わないということ

姑息な手段を使うとか使わないとかあまり言葉の響きは良くないですが、30代の転職では世の中のことが多少わかってきている人が多いだけに、姑息な手段を使って転職する人もいないわけではないのです。これまでの経験から、転職の際はいつでも正々堂々とするべきだとは実感していますし、それが求められていると思います。

7.キャリアと将来性をアピールすることが大切

30代というと就職してから充分なキャリアを積んだ年齢だと言えます。その為アピールできるキャリアを持っているかどうかが問われるのではないでしょうか。 30代の方の魅力となるのは、業務に必要なキャリアを持っている点と更なる伸び代の両方を兼ね備えている点でしょう。実際、企業も30代の人材にはキャリアと将来性を求めている傾向が強いです。 転職活動中は企業に自身の戦力をアピールする内容が非常に大切です。企業が求めているキャリアと将来性をしっかりアピールし、企業にとって有益な人材であるという印象を残すようにしましょう。

8.無理がない転職をすること

「自分の生活リズムを把握して、あまり無理がない転職を考える」ということです。30代ともなると、人間は簡単にこれまで続けてきた生活リズムを変えることができないからです。 若いうちだったらまだいくらでも転職のために生活リズムを整えたり変更したりできますが、30代以上ともなるとなかなか体が言うことを聞いてくれないものです。 だから無理がないようにしなくてはいけないのです。

9.忍耐力がなければ上手くいかない

いくら自分に能力があっても転職先では新人なのでその現実をしっかり受け止めなければなりません。年下で言葉遣いもなっていない人間がいるかもしれませんがそういった人間でも先輩になるので敬語を使わなくてはいけません。いち早く職場の流れや空気を肌で感じてそれに馴染む事です。自分のプライドなんて二の次です。 そういった屈辱にも似たような事に耐えていけなければ、どんな職場に行っても転職を繰り返すだけになってしまいます。

10.基礎と謙虚な気持ち

30代で転職して来られる方に対しては、新人の謙虚さと社会人としての基本的なビジネスマナーの両方が同時に求められると思います。電話やメールの一般的な応対は研修を受けるまでもなくできること、しかし、新しい職場では新しい職場の決まりごとに対応できる柔軟さ、自分より年下であってもすでに在籍していた職員の言うことをきちんと聞くことのできる謙虚さを兼ね備えている必要があります。転職前の業績が素晴らしいのはいいことですが、必要なのは新しい転職先で作る実績です。転職先の職場に合うように、その職場のやり方を学ぶ姿勢は大切だと思います。

11.優先順位を付けること

転職というのは誰にとっても今の時代厳しいかもしれません。有名大学を卒業したからといって30代以上の人をポンポン採用してくれる企業は少なくなりました。30代以上の転職ではとにかく優先順位をつけて、一番大事にしたいこと「これは譲れない!」と思うことを決めることです。 自分が一番大事にしていることがキャリアだったら、その部分を満たしてくれる転職になるように集中して就職活動をすることです。

12.労働時間をきっちり決めること

労働時間はしっかりと決めて「なあなあ」にならないようにするということです。「なあなあ」とは「ダラダラ」という意味に近いです。 友人関係でも付き合いが長くなるとダラダラした関係になってトラブルが起こりやすくなりますが、仕事となると労働時間はかなりシビアに決めた方がいいです。私生活が忙しい人などは特に労働時間をきっちり決めて、条件に合った場合だけ転職を考えるようにしたらいいと思います。

13.メリットとデメリットを考えること

30代から転職する場合は、「メリットとデメリット」を考えなくてはいけません。どの年代でもメリットデメリットを考えて転職する必要がありますが、30代は大事な時期ですから慎重にならざるを得ないと思います。 転職は今現在ある現実をガラッと変えるいい手段になることは間違いないですが、現実を変えるためだけに転職を考えないで、しっかりと転職することによるメリットとデメリットを考えましょう。

14.人脈から仕事を探す

転職を考えた時、20代ならば企業側も今までの経験も重視するがポテンシャルで採用することもある。 30代が転職をする場合は企業は即戦力を求めている。 今までどのような大きな案件や仕事をしてきたかを職務経歴書や面接で説明しても採用する側は 本当にそんな能力があるのかは判断できない。 そこで大切になるのが人脈だ。 今までの仕事の取引先などは自分の仕事のスキルを理解している。 そのような人脈から仕事を探すのが一番採用されやすい。 30代で転職を考えた場合は、今までの取引先で信頼関係がある人に転職を考えていること話してみるといいだろう。 引き抜きの話があるかもしれないし、周りで求人をしている会社を紹介してもらえることもある。 自分の能力を証明してくれるのは、実際に仕事をした人だからだ。

15.何をしたいのかよく考えること

30代からの転職は現代では普通のことであり、珍しくも何ともありません。 30代でも50代でも男性でも女性でも、働きたい人は山ほどいるのです。転職したい人だって山ほどいるのです。「転職によって何をしたいのか」「自分の夢に近づくことができるのか」「叶えたい夢があるのか」等、よく考えて行動すればいいと思います。 30代からの転職を難しく考える必要はないはずです。「何をしたいか」を一番大事にすればいいのです。

16.転職は慎重に進めるべき

転職活動をして今の状態よりも絶対に良くなるという保証のようなものがあればいいですが、大体就職活動に絶対ということはないわけですから転職は慎重に進めた方がいいでしょう。 30代以上の転職ではかなり慎重さが求められます。勢いだけで前の会社を辞めてしまって後悔した人は数えきれないほどいるはずです。勢いで辞めてしまってはもう二度と戻れないわけですから、慎重すぎるくらいで丁度いいと思います。

17.スキルに見合った収入

今の時代転職は決して珍しい事では無いのですが、良く吟味して からで無いと何回も転職を繰り返す転職難民になってしまう事もある ので注意が必要です。 特に30代の転職は今まで培ってきたスキルや経験を武器にする 事が出来るのですが、それに見合った収入が無いと当然ヤル気も 損なわれてしまいます。 家族がいる年代でもあるのと、独身でも将来のための貯蓄や 独立を視野に入れている場合は、特にスキルに見合った収入は 確保する事です。 若さがあまり武器にはならない年代なので、生活レベルを今まで以上 下げない転職先を探す事でやり甲斐も感じられます。

18.コミュニケーション能力

30代になる、今までの職歴やキャリアなどももちろん大切ですが、何よりもコミュニケーション能力が求められると思います。 年下の20代の若い世代、40〜50代の年上のベテランの世代に挟まれ、ちょうど中間に位置する年代ですから、様々な年代や性別の方とコミュニケーションを取れることは仕事をしていく上で大切になっていくと思います。 部下、上司に順応できる力、それに加えて外部の方とも上手に接していくことができる力こそが最大の武器になると考えます。

19.見た目を整えること

30代の転職では身なりをきちんと整えて、恥ずかしくない態度を身に付けましょう。 20代でちょっとしたミスや外見上のことを何とか許してもらえるならいいですが、30代になると「いい加減大人なんだから」という目で周りから見られるため、濃いメイクや茶髪など見逃してもらえなくなります。 だから髪の色やメイクなど、常識の範囲内できちんと整えることは当然のことです。30代は甘えが許されないのです。

20.自分の体力面を考えること

一般的に30代からの転職というと、家族のことがあったり自分自身の体力的な問題などがあったりで、いろいろ大変なことが多そうです。そんなに簡単に転職できないですし、仕事場も正直限られている状態だと思います。 若い人のようにコロコロ職場を変えることもできない年齢ですから、とにかく30代からの転職では「自分の体力が続くのか」ということを真剣に考えてみた方がいいと思います。

30代からの転職で大事なことまとめ

30代といえば、20代のころに比べて様々な変化に気が付くはずです。一つは、自分の能力やスキルが見えてくるということです。新卒で会社に入ったばかりの頃は、仕事を覚えることや人間関係を円滑に進めるために、毎日が精いっぱいだったと思います。 しかし、30代になると必然的に慣れというものが見えてきます。その中で、自分の特化しているスキルや知識なども、いろいろと分かってくるはずです。そして、それをしっかりと転職活動でアピールしていけば、30代の転職はうまくいくものだと思います。

新着エントリー

ワーク・ライフ・バランスを意識しての転職
キャリアを積み、また家族が増える30代の男性にとって、家族の理解や応援は必須。転...

転職を考えたらできること・できないことを冷静に認識する
業界によって差はありますが、30代というのはたいていの場合、社会人になって数年か...

30代からの転職は経験がものを言う
やはり今までの経験が物を言うと思います。製造関係の仕事をやってきたなら製造業、販...